FC2ブログ

そうじ力で自信がついてきた…

やっとパソコンを開くことができました。


私が不調になるときの目安のひとつとして、「ブログ記事が書けなくなること」です。
毎日今日こそブログ更新しよう、
記事を書かなきゃ、と思っていても、どうしてもパソコンを開く元気がなく、


ブログを更新する気力がありませんでした。


それに付け加え、ここ数週間の間に長男の様子がおかしくなって、
ブログ更新どころではなくなってしまって、、、

コメントにレスをつけることもできなくて、すみません…



調子が悪くなる前の間は何をやっていたかというと、
先日読んだそうじ力の本にはまってしまって、


不用品を捨ててスッキリと整理して、掃除した空間にいると、
心もすっきりすると聞き、いてもたってもいられなくなり行動してしまいた。


なんでもそうじ力の本によれば、「部屋の汚れは心の状態につながる」そうなんです。



よくよく考えると、心が落ち着かなかったり、イライラしたりしてきたのは、
ここ6年くらいの間。

掃除もさぼってばかりでした。



結婚したばかりの頃は、毎日掃除はしっかりして余分なものもなく、
キレイだったし、あながちウソではなさそう…


家の中の不用品をゴミ袋10個以上、数年間放置していた倉庫の中の不用品や、
キッチンやリビングの不用品、読まなくなった本やCDをすべて処分したり、

不要物はリサイクルセンターに持ち込んだり、
片づけや掃除で毎日のように体を動かしていました。


家の片づけは毎日少しずつ、負担にならないようにやっていました。


おかげで家の中はスッキリ。私の心もスッキリしたようで気持ちいいです。



2週間の間に、うつの波は2回ほどやってきて、
午前中に動けなくなったり、夕方どっと疲れが襲ってきて動けなかったり、
体が汗臭くてお風呂に入ったものの、湯船から出る気力がなくなってしまったり、

ちょっと体力オーバーして動きすぎたのでは、と思うところもありました。


でも、後悔はしていません。




もともと体の調子を崩したのは、家の中にこもりきりでパソコンばかりの作業をして、
日に当たることも運動もせず、引きこもりになってしまったこと。


2週間の間パソコンから離れ、身体を動かすことで体力に対する自信と、
気分転換にもなりました。


外に出ること、日中に身体を動かすことで、夜もぐっすり眠れます♪
身体が疲れたな、と感じたときは、カーヴィーダンスを踊ってみると、踊って疲れるよりも、身体の緊張がほぐれ楽になってきました。


余計なことを考えず、ひたすら無心に片づけと掃除をしていると、
なんだか自分の心の中にたまったモヤモヤが取り除かれるような気がして、

たまらなく気持ちいいんです。


明日はどこの片づけをやってみようかな?
使っていない不用品はないかな?


と、明日が来るのが楽しみでたまらない気持ちも出てきて、
久しぶりに、わくわく感も楽しめました。


頭の中から「うつ」という言葉も消え去ってきて、
頑張らなくても料理が作れたり、苦手な食事の片づけがすんなりできたり、
洗濯ものもニコニコしながら干せたり、

精神的に安定しています♪



余分なものを捨てて、しっかりと掃除をすることで、
今自分がやるべきことがしっかり見えてきました。


うつが長引くにつれて、このままズルズルと体調が良くならないのではないか?
仕事ができなくなってしまうのではないか?
健康な人と、どんどん差が出てきてしまうのではないか?

と、不安が襲ってくることもあったのですが、


家の中がスッキリすることで、心も整理されて、
余計な心配事がなくなり、前以上に、今するべきことが明確になってきた気がします。



私の今やるべきことは、家事がしっかりできるようになること。

体力をつけること。



気力、体力が落ちてしまう日は、バイオリズムのせい、と割り切って
余分な心配はしないこと。



コスモス29 / nakimusi



明日、明後日、先の事ばかり心配しないで、
今できることを、しっかりやってみる。そんな気持ちです。


回復までに波はあると思うけれど、自分を信じて、
今を大切に生きてみたいです^^



PS うつが回復してきて、ちょっとでも動けるようになったら、
不用品を捨てたり、たまったほこりを取り払い、掃除を少しずつしてみると、
心がスッキリしますよ。(もちろん、無理がない範囲です)
関連記事
スポンサーサイト



☆ ☆ いつも応援ありがとうございます♪ ☆ ☆


うつ病 ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

あいりょさん

あいりょさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
ご主人のことお辛いと思います。大切な人だから、余計に心配になり、
焦ったり悩みすぎてしまうんですよね。

あいりょさんの心の具合は大丈夫ですか?

ご主人がどの程度のうつなのか、飲んでいる薬や症状など、
うつ病は人によって症状の個人差もあるので、はっきりと言えないのですが、

私の場合は、具合が悪くなる(波がくる)と、人の言葉が耳に入らなかったり、
自分を責めてしまったり、心に余裕がなくなって家族と会話するにも辛いときもありました。

旦那に何か言われても、すべてマイナスにしか考えられなかったりとか、、、

確かに波がくると、余裕がなくなって出かける気にもなれない日もあります。


多分、ご主人も同じように悩んでいると思います。


うちの場合は、私自身どんなに辛くても、夫には理解されないと思い、
一切相談もしませんでした。(認知のゆがみです)

あるきっかけで、真剣に夫婦で話をしたときに、
夫は私のウツの事を心配はしているけれど、何をしたらよいかわからない、
何も話してくれないので何もできない、と言われました。

「正直に夫から、心配している」と言われたことで、
ほっとしたような、1人じゃないんだ、と思った記憶があります。

あいりょさんもお辛いと思いますが、ご主人の体調の良いときに、
真剣な気持ちを伝えてみてはいかがですか?

偉そうなコメントですみません。

あいりょさん

コメント読ませていただきました。

今あいりょさんにとって、大変な時期なんですね。
お子さんの事を考えて余計に心配してしまい、焦ってしまう気持ちもわからなくないです。

ご主人のおっしゃることを考えると、見守っているだけの方がいいのかもしれません。
決して放って気にかけずにいるのではなく、
いつでも味方だからね、と言った安心感を持たせてあげるような感じで接するのがいいと思います。

放ってはおかないけれど、気にはしているような感じです。

主婦である私でさえ、具合が悪いときは家事をサボってしまうので、
辛いときも家事を手伝っくれるなんて、とっても優しいご主人だと思います。

やさしいご主人だからこそ、自分を責めてしまっているのかもしれません…。


私も家族に迷惑をかけてしまっている、と自分を追い詰めてしまって、
自分の存在なんてない方がいい、と思ってしまった時期がありました。

あいりょさんの気持ちが焦ってしまうのもわからなくもないのですが、
多分、家族が焦れば焦るほど、本人にも負担がかかるような気がします。


ウツは薬が自分に合って、原因となるストレスの元がなくなる、
後は本人の考え方が変れば治ると信じています。

薬はずっと同じものを処方されているのですか?
症状が長引いているのなら、思い切ってお医者さんを変えてみる、
という方法もあるようです。

ご主人と同時に、あいりょさんの事が心配です。
決して無理なさらないでくださいね。
検索フォーム
プロフィール

こころ

Author:こころ
HN こころ
40代主婦 A型
小学生と中学生の男の子2人の母親です。

子どものように、ひとつのことをやり始めると他が見えなくなり、何事も頑張りすぎてしまうのが玉にきず…

うつの経験から新しい自分に生まれ変わるように、日々過ごしています。

最新記事
カテゴリ
いやな気分よさようなら
認知療法を知った、わたしのうつ病バイブルです♪800ページと本のボリュームは圧倒されそうですが、各項目ごとに読んでいけば無理がないです。・実例が出ていて分かりやすいこと、沈んだ気分のときに読むと自然とココロが軽くなるのがわかります。
最新コメント
今 飲んでいる薬
・トレドミン錠25mg×1 ・レンルミン錠0.25×1  2錠とも、1日1回就寝前服用しています。      
月別アーカイブ
うつ主婦ブログ