FC2ブログ

主婦だからって、家事を頑張らなくても良いってこと…

うつになって、主婦なのにしっかりと家事のできない辛さ、

家族に迷惑かけている辛さ=何もできない自分なんていないほうがいい


そう思っていました。



自分の母親が、どんなに疲れていても、掃除と洗濯、あたたかいご飯を準備してくれていたこと。父親は昔ながらの亭主関白なので、子育てに不参加。

自分が子供の頃、母親の泣き顔と言えば、祖父が亡くなったときのみ。


病気で倒れることもなかったし、いつも笑顔で明るい母親でした^^



太陽とゴーヤ / Go Imai



それに比べて私ときたら、うつ以外にも過去に喘息で入院しているし、母親なのにストレスに弱く、子どもの前で泣いてしまったり、まともに学校の事を見てあげられない自分が嫌でした。


だから、病気で何もできない自分がとっても嫌でした。

本で母親は家の中で太陽のような存在じゃないといけない、みたいなことを読んだことがあって、

私は太陽じゃなく、曇り空か嵐のようだ、、、と思っていました。
(不機嫌で、いつ怒り出すかわからないので…)



夫にも、「母親なんだから、子どもに心配かけるな」とか、言われていたし、

夫も小さなころ、母親が病弱で寝てばかりだったので、寂しい思いをたくさんしてきたので、自分の子どもだけには、さみしい思いはさせてなるものか!!みたいな、気持ちがあったのかも知れません…


うつの大波にもまれていたときは、夫に対しても自分の母親と比べないで、と思っていたけれど、今なら夫の気持ちも十分にわかります。



主婦だから頑張らなきゃいけない、
どんなに辛くても助けて、なんていっちゃいけない
甘えてはいけないって、


言う思いがありました。



昨日たまたま私の喘息が出て、息苦しくなって夕食を作るのが困難になり、夫は出張で帰ってこないし、子どもたちにも悪いけれど、落ち着いたら夕食を作ればいい、と思っていました。


ちょうどその時、二男が、

「お母さん、今日ぼくが何か作ってもいい??」

と聞いてきたので、

「何か作れるの??ご飯炊いてもらってもいい???」

と聞いてみると、

「できるよ♪この間お母さんに教えてもらったんだもんね」

と、上手にお米を研いで、簡単な卵料理まで作ってくれました。



キッザニア ABCクッキングマート / nishioka



夫に言うと、何子供に料理を作らせているんだ、と怒ってしまうかもしれないけど、


子どもはなんだか楽しそうです♪


嬉しいのは、普段私がご飯の準備手伝って、とうるさく言ってもびくともしないのに、
自分が頼られている、と思ったせいか、いつも私がやっている通り段取りよく食事の準備をすること。


なんでも母親が完璧にこなすのではなくて、たまには失敗しても子どもにやらせてみるものだ、と思いました♪



主婦、母親も完璧ではない人間です。失敗もしてしまうし、たまには間違ったことをしてしまうかもしれない。


家事ができなかったら、できないでいい。
そんなときは、思い切ってまわりに甘えてみる。


子供に料理が作ってあげられない、かまってあげられない、と悲観的にならなくても、いいと思います。


母親が毎日料理を作れたら、それはそれでいいことだろうと思うけど、子どもにとっては、料理を作る経験も覚えることがないし、

真剣にやってみよう、と思う機会も出てこないと思うし。



誰でも自分だけで生きているのではなくて、周りの人の力を借りて生きていると思うし、いいじゃない、できないときは、できないと言ったって。


あえて子どもに失敗したり、できない母親の姿を見せることで、

(あぁ、大人になっも完璧じゃなくていいんだ。お母さんも失敗したり、できないことがあるんだ)


と、肩の力を下して生きていけるような気がして。。。


そんな事をふと感じた、出来事でした。



体調のよいときできるときに、無理しない程度で、子どもにできることをしてあげれば、子どももわかってくれるはず、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト



☆ ☆ いつも応援ありがとうございます♪ ☆ ☆


うつ病 ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

ありのままで

私は、わたし。

母のわたしも、主婦のわたしも。
妻も嫁も○○ちゃんのお母さんのわたしも。

いろんな私がいて、それでいいって思いました。

ご無沙汰です。
昨日コメかいたんですが、投稿途中てエラーになり、もう一度書くのは面倒でやめてしまいました。

私は病気になってから家族をてなづけてます。動けない日の食事の手伝いやごみ捨て、風呂掃除、掃除機かけなど、毎回ではないですが、みんなよく手伝ってくれます。
ただし、家族にもそれぞれの感情や体調があるので、気持ちよく引き受けてもらえる時にはお願いしちゃいます。忘れちゃならない【ありがとう】の言葉は必ず言うようにしてます。
子供達には「こんなお手伝いなんてお友達はだれもやってないよ」とたまに言われますが、あなた達の将来にきっと役にたつはずだよ。お母さんも助かるし。
と楽しいお手伝いを目指してます。

くっちんさん

ありのまま、それが一番ですよね。

母親になった自分、主婦としての自分、
●●ちゃんのお母さんとしての自分…

もしかしたら、
まだ見ぬ自分の姿があるかもしれないかも知れません^^

タンポポさん

こんばんは。

家族に対して「ありがとう♪」の言葉大切にしている、
タンポポさんの姿に尊敬します^^

子どももの頃の家の手伝いは、は大人になってから役立つと思います。
(勉強よりも)

体調が悪いとき、イライラするとき、「手伝って!!」と、
子どもたちにきつく言ってしまうことがあるんです。

タンポポさんを見らなって、楽しいお手伝い私も目指します♪
検索フォーム
プロフィール

こころ

Author:こころ
HN こころ
40代主婦 A型
小学生と中学生の男の子2人の母親です。

子どものように、ひとつのことをやり始めると他が見えなくなり、何事も頑張りすぎてしまうのが玉にきず…

うつの経験から新しい自分に生まれ変わるように、日々過ごしています。

最新記事
カテゴリ
いやな気分よさようなら
認知療法を知った、わたしのうつ病バイブルです♪800ページと本のボリュームは圧倒されそうですが、各項目ごとに読んでいけば無理がないです。・実例が出ていて分かりやすいこと、沈んだ気分のときに読むと自然とココロが軽くなるのがわかります。
最新コメント
今 飲んでいる薬
・トレドミン錠25mg×1 ・レンルミン錠0.25×1  2錠とも、1日1回就寝前服用しています。      
月別アーカイブ
うつ主婦ブログ