FC2ブログ

うつ病を長引かせてしまった原因はもしかして…

トレドミン25mg×2錠に変更になってから、

・どんなに楽しくてもパソコン作業は夜9時以降にしないこと

・やる気、気力のおきないときは無理をしない

健康な時の6割を目安に動く、自分の体調に気をつけて過ごしていると、自然とうつの波がきても落ち込むことがなくなってきました。

落ち込むこともほとんどなくなり、うつの波が来なくなると(薬で症状が抑えられているのに)うつだったことも忘れてしまうようでした。大きな落ち込みもなかったので、完全にうつが治ったと勘違いしてました。

私のうつが軽かった事もあり、抗うつ薬を飲めば右上がりに治ると信じていました。うつは良くなったり、悪くなったりを繰り返ししながら治っていくものなんて勉強不足でわからなかったので(汗…

一番やってはいけなかった事は、薬を飲み忘れてしまったことです。1日、2日どころではなく、処方された薬を一週間以上飲み忘れてしまったこともあります。夕食後お風呂に入ってちょっとだけ横になるつもりが、朝まで寝てしまったり。

後になって考えると、抗うつ薬を飲み始めて3か月この時期、勝手に薬を飲まなかったのが、うつの症状を長引かせたのかもしれません…
☆ ☆ いつも応援ありがとうございます♪ ☆ ☆


うつ病 ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



トレドミンを飲み始めて1か月半、このまま順調に回復すると思っていた頃…

トレドミンとレンドルミンを飲んでから1か月。自分でも、うつは完全に治ったかも知れない、と思うくらい心身ともに元気になりました。数か月の間引きこもりになっていたので、体力は落ちているものの、家族でドライブに出かけたり、ボーリングをしたり楽しい日々を過ごしていました。

自分自身このまま元気だったもとの生活に戻れると信じていました。

朝朝食を作ったり、洗濯機を回すのはまだ億劫ですが、午前中10時半くらいを過ぎれば、元気に動けていたし、やる気も少しずつ芽生えてきてきて嬉しかったです。

調子の良い日にPC作業を4時間以上頑張ると、イライラして頭が疲れること。次の日にダウンして寝込むことも多かったので、頭を使った事は疲れるので避けていました。元気になった反面、心の奥でパソコンを使った仕事ができないので、収入面の不安、焦りが少しずつ芽生えてきていました…
☆ ☆ いつも応援ありがとうございます♪ ☆ ☆


うつ病 ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

軽いと思ったうつ病が長引いてしまった理由…

抗うつ薬、トレドミンとレンドルミンを飲み始めて、うつの不安や落ち込みから回復してきて、無理を重ねてしまっていました。メンタルクリニックの先生が当初に診断した、3か月を飲めばうつが治ると言っていたのが長引いたのも、しっかりと心と体を休めなかったのが原因だと思います。

抗うつ剤で症状を抑えているのだから、体と心を休めて無理をするのは厳禁なのに、仕事(PC作業)を1日に6時間以上もしたり、身体の調子が良いからと夜の12時をまわってもPCの作業を続けたり。今まで抑うつ状態で仕事ができなかった焦りから、自分を追いつめていました。

7か月以上経った今も、抗うつ薬の量が増えて症状が辛くなる日があるのは、うつ発症時に無理をしなければ良かったと思うばかりです。「何もしないで、ぼ~っ」としたりするのに罪悪感を感じてしまったこと。旦那さんが毎朝どんなに辛くても仕事に行く姿や、子供たちが寒い日でも、嫌がらずに学校に通っている姿を見ると、私は何をやっているんだろう、、、と情けなくて仕方がなかったです。

うつの治療が長引くくらいなら、この時家族に迷惑かけてでも、何を思われようと、ゆっくりと毎日を過ごすべきだったんです。
☆ ☆ いつも応援ありがとうございます♪ ☆ ☆


うつ病 ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

初めてのメンタルクリニック~2012年3月通院記録…

市の心の相談で、心療内科(メンタルクリニック)をいくつか紹介してもらったのですが、市の心の相談で無料でアドバイスをしてくれた、メンタルクリニックに通うことにしました。

今は心療内科(メンタルクリニック)に通う人が増え、敷居が低くなっているとは言え、初めて訪れるメンタルクリニックは緊張しました。先生の事は知っているとはいえ、メンタルクリニックで、なるべく他の患者さんに会いたくなかったこともあり、電話で込み具合を教えていただいてから受診しました。

いざ、メンタルクリニックに足を踏み入れると、想像していたのはと違いびっくりしました。メンタルクリニックの外見も、普段子供を連れて行く小児科と変わらないし、待合室に入っても、ごく普通のクリニックと変わりません。平日木曜日の午後とだけあり、待合室も空いていました。初診だったので、簡単に問診票に今の症状を書き入れ、診察までの順番を待っていました。

診察室に呼ばれると、先生は市の心の相談に訪れた私の事を覚えてくださっていたので、心身の症状を深く説明することなく薬を処方してくれました。

初診時に処方された薬は、

・レンドルミン0.25mg×1
・トレドミン25g×1

抗うつ薬


を寝る前に1回、最初なので薬の効き目を試すために、2週間分処方されました。かかった金額は、3割負担で1,290円です。思ったよりも安かったです^^

レンドルミンは、脳に作用して不安や緊張をやわらげ、寝つきを良くする薬です。トレドミンは、セロトニンやノルアドレナリンの濃度を上げ、憂鬱な気分を改善させたり、不安やパニック発作を起きにくくする薬です。

うつの薬は飲見始めたからと言ってすぐには効果がでないこと。薬の効果が出てくるまで、2週間ほどかかると説明されました。

メンタルの薬は飲むのが初めて、薬を飲んで本当に治るのか、一度薬を飲んだらずっと飲み続けなければならないのか??という不安もありましたが、先生の言葉を信じて薬をしっかり飲み、治療してみようと思いました。
☆ ☆ いつも応援ありがとうございます♪ ☆ ☆


うつ病 ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
検索フォーム
うつ病お役立ちリンク
プロフィール

こころ

Author:こころ
HN こころ
40代主婦 A型
小学生と中学生の男の子2人の母親です。

子どものように、ひとつのことをやり始めると他が見えなくなり、何事も頑張りすぎてしまうのが玉にきず…

うつの経験から新しい自分に生まれ変わるように、日々過ごしています。

最新記事
カテゴリ
いやな気分よさようなら
認知療法を知った、わたしのうつ病バイブルです♪800ページと本のボリュームは圧倒されそうですが、各項目ごとに読んでいけば無理がないです。・実例が出ていて分かりやすいこと、沈んだ気分のときに読むと自然とココロが軽くなるのがわかります。
最新コメント
今 飲んでいる薬
・トレドミン錠25mg×1 ・レンルミン錠0.25×1  2錠とも、1日1回就寝前服用しています。      
月別アーカイブ
おともだちリンク
うつ主婦ブログ